2015年01月27日

楽天

1997年に現会長兼社長の三木谷浩史が創業したインターネット総合サービスを提供した楽天は、

あれよあれよ、という間に大企業になってしまいました。

2000年のジャスダック上場以降、これでもか!と言わんばかりの積極的なM&Aにで事業を拡大しています。

私の身近で起こったことは、
まずは、結構使い勝手の良かったメールサービスInfoseekが買収され(これはかなり前ですが)、

そして、一番記憶に新しいのが、「 イーバンク 」が楽天バンクになってしまったことです。

楽天市場での店舗数は減少しているにも係わらず、利益が増加しているそうです。

それは、ただでさえ高い基本料金に加えて、
(というのも楽天市場に出品を考えた友人が、そのローヤリティーの高さに驚き断念したという話を受け)

100万円以上の売り上げや、メール配信数に応じて超過料金を徴収する「従量課金制度」を導入したそうです。

これにより、店側の支払いを今までより一気に5倍に跳ね上がったものの、楽天市場で儲けている参画店は泣く泣く留まっているようです。
【関連する記事】
posted by はくてん at 15:17| 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。