2015年01月27日

楽天 その2

2005年には、出店店舗からの情報漏洩により、3万6千件の個人情報漏洩事件が発生ています。

今でも、上新電機などに対し、クレジットカード情報を1件10円で提供したり、特定の店舗に対し、メールアドレス情報の有償ダウンロードも認めているようです。

同時期に同様の個人情報漏洩事件を引き起こした会社は、被害者に対して千円程度の慰謝料を払ったのが記憶に新しいのですが、

楽天が同様のことをしたという記憶はありません・・・

三木谷氏は「新聞記事に、楽天が個人情報を売却していると書いてあったが、売却するはずがない。

個人情報のダウンロード時に、システム利用料として1件10円をいただいている。

クレジットカード番号を渡している9店舗については、買い物かごに『この店舗は特別なので、カード番号を渡します』と書いてある」と説明したと2009年「GIGAZINE」の記事にありました。

実際に楽天市場で買い物する時に、そんな同意書のようなもの見たことありませが、

「9店舗」とは、Wikipediaでは、「 上新電機などの企業9社 」とありますので、電気製品購入に限るのかもしれませんが・・・

以後、気をつけましょう!!!
【関連する記事】
posted by はくてん at 15:17| 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。