2015年01月27日

楽天

1997年に現会長兼社長の三木谷浩史が創業したインターネット総合サービスを提供した楽天は、

あれよあれよ、という間に大企業になってしまいました。

2000年のジャスダック上場以降、これでもか!と言わんばかりの積極的なM&Aにで事業を拡大しています。

私の身近で起こったことは、
まずは、結構使い勝手の良かったメールサービスInfoseekが買収され(これはかなり前ですが)、

そして、一番記憶に新しいのが、「 イーバンク 」が楽天バンクになってしまったことです。

楽天市場での店舗数は減少しているにも係わらず、利益が増加しているそうです。

それは、ただでさえ高い基本料金に加えて、
(というのも楽天市場に出品を考えた友人が、そのローヤリティーの高さに驚き断念したという話を受け)

100万円以上の売り上げや、メール配信数に応じて超過料金を徴収する「従量課金制度」を導入したそうです。

これにより、店側の支払いを今までより一気に5倍に跳ね上がったものの、楽天市場で儲けている参画店は泣く泣く留まっているようです。
【関連する記事】
posted by はくてん at 15:17| 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天 その2

2005年には、出店店舗からの情報漏洩により、3万6千件の個人情報漏洩事件が発生ています。

今でも、上新電機などに対し、クレジットカード情報を1件10円で提供したり、特定の店舗に対し、メールアドレス情報の有償ダウンロードも認めているようです。

同時期に同様の個人情報漏洩事件を引き起こした会社は、被害者に対して千円程度の慰謝料を払ったのが記憶に新しいのですが、

楽天が同様のことをしたという記憶はありません・・・

三木谷氏は「新聞記事に、楽天が個人情報を売却していると書いてあったが、売却するはずがない。

個人情報のダウンロード時に、システム利用料として1件10円をいただいている。

クレジットカード番号を渡している9店舗については、買い物かごに『この店舗は特別なので、カード番号を渡します』と書いてある」と説明したと2009年「GIGAZINE」の記事にありました。

実際に楽天市場で買い物する時に、そんな同意書のようなもの見たことありませが、

「9店舗」とは、Wikipediaでは、「 上新電機などの企業9社 」とありますので、電気製品購入に限るのかもしれませんが・・・

以後、気をつけましょう!!!
posted by はくてん at 15:17| 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

楽天 その3

「 訳アリ 」という格安商品は、楽天からはじまったのでしょうか、マスコミなどでも取り上げられ、なかなか説得力のある売り方です。

実際にそんな「 訳アリ 」も売れているようですが、私の経験では、各商品毎に書き込みにあるような「 素晴らしい 」ものに出会ったことはありません。

お米を買ったときは、
「 ゲヶッ・・・こんな小さい米粒見たこと無い・・・それに黄色がかって古そうだし、ちょっと匂う 」

牛肉を買ったときは、
「 ちょっと黒味がかって新鮮そうではない・・・肉は腐りかけが美味と言われているが・・・スーパーで賞味期限ギリギリは半額になるけど、たいして安くなかった・・・結局は高い買い物 」

めんたいこを買ったときは、
「 ゲッ・・・何でこんなに冷凍してあるの?? 解凍させたら水気がでてきてベトベト!! 」

私が楽天で買って納得したのは、1枚300円のTシャツくらいです。

楽天市場で商品を買う時、一番参考になると信じている、この書き込みですが、本当に参考になるのは・・・

私の独断に於いては、

☆☆☆ 悪く書いてあるもの ☆☆☆に信憑性があります。

ところが、太鼓持ちのような不当に褒めちぎる書き込みが、たくさんあると、辛口のコメントは埋もれてしまいますので、注意深く読みましょう。
posted by はくてん at 15:16| 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天 田中 将 大 くん ファンクラブ

楽天 田中 将大(たなか まさひろ )くんとは、楽天ファンで無くても「マー君」、「マーさん」の愛称で親しまれる、

岩隈なきあとは、東北楽天ゴールデンイーグルスのエースです。

早実の斎藤佑樹と投げ合った、第88回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦は、全国の注目を浴びました。

全12球団の指名候補で、複数球団の競合が確実視されていたにも関わらず、2006年の高校生ドラフトにおいて、北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目指名を受け、

抽選の結果、当時、糞ボロであった東北楽天ゴールデンイーグルス楽天が交渉権を獲得して、

結構あっさりと楽天入りを決めました。

当時の監督、野村監督からは、
「マー君、神の子、不思議な子」や「不思議の国のマー君」などと可愛がられ、

2009年シーズンでは、リーグ2位を勝ち取り、初のクライマックスシリーズに進出する、原動力となりました。

それにしても、楽天 田中 将 大 くんの選んだ、
東北楽天ゴールデンイーグルスというチームですが、

地方活性化という意味においては、

宮城県仙台市宮城野区にあるクリネックススタジアム宮城を専用球場(本拠地)としている面では貢献しているのでしょうが・・・

初代監督、田尾監督は、首位と51.5ゲーム差も付けられ当然の解雇であったのでしょうが、

リーグ2位まで引き上げた野村監督を契約期間満了に伴い退任させてしまったのは、不思議です。

広島から渡って着たブラウン監督も、前年までのチームの勢いを維持させることが無く、チームをあえなくビリチームに引き戻し、

契約期間を1年残してはいるものの1年限りで解任とあいなりました。

楽天 田中 将 大 くん ファンクラブは、田中 将 大 くんが、こんなチームに長くいる事を望んでいるのかな?

と不思議に思います!
posted by はくてん at 15:15| 楽天 田中 将 大 くん ファンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。